So-net無料ブログ作成
検索選択

リニューアルした小田原城 [出来事]

3月5日(日)小田原のお天気は、朝から暖かい1日になりそうです[晴れ][晴れ][晴れ]

何十年ぶりに昨年5月にリニューアルした小田原城内の展示物を見に行きました。

小田原駅から近道で小田原城へ

 IMG_0475.jpg

この日は、きれいな青空がお城を引き立てます

 IMG_0477.jpg

小田原城は、15世紀中頃に大森氏が築いたお城を前身とし、北条早雲に始まる小田原北条氏の本拠となって以降、関東支配の拠点として整備されました。そして、豊臣秀吉との小田原合戦を前に周囲9㎞におよぶ総構を構築し、日本最大級の城郭となりました。北条氏滅亡後には、徳川家康の家臣大久保氏が城主となり、その後稲葉氏が城主になりました。明治維新を迎えると明治3年に小田原城は廃城となり、建物は解体・売却させました。大正12年の関東大震災を期に小田原市へと払い下げになりました。小田原市は、昭和35年に鉄筋コンクリート造で復興されました。三重四階の天守に付櫓・渡櫓を付した姿となっていますが、現在は内部五階で、最上階の高欄付きの回廊も復興に際して新たに付けられました。

 IMG_0478.jpg

階段を上がり城内へ

 IMG_0479.jpg

城内で写真撮影の許可がある展示物を撮影しました。

1F江戸時代の小田原

 IMG_0480.jpg

 IMG_0481.jpg

 IMG_0482.jpg

 IMG_0483.jpg

2F戦国時代の小田原城

 IMG_0484.jpg

途中の窓から外を撮影

 IMG_0485.jpg

また城内へ3F企画展示は、小田原ゆかりの美術工芸や甲冑・刀剣、小田原城周辺の発掘調査成果など紹介

 IMG_0486.jpg

 IMG_0487.jpg

 IMG_0488.jpg

 IMG_0489.jpg

 IMG_0490.jpg

 IMG_0491.jpg

 IMG_0492.jpg

4F企画展示明治時代から現代に至る小田原城の歴史(撮影なし)

5F江戸時代に天守にまつられた魔利支天像の安置空間を再現

 IMG_0506.jpg

 IMG_0493.jpg

 IMG_0494.jpg

 IMG_0505.jpg

 IMG_0495.jpg

 IMG_0496.jpg

最上階からの景色

 IMG_0499.jpg

小田原駅方面

 IMG_0502.jpg

 IMG_0503.jpg

城内の展示物も新しくなりいろいろ小田原の歴史も分かり、良かったです[わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]

【開館時間】

午前9時00分〜午後5時00分(入館は午後4時30分まで)

《天守閣単独券》
(個人)一般 500円、小中学生 200円
(30人以上の団体)一般 400円、小中学生 160円

《常盤木門との2館共通券》
(個人)一般 600円、小中学生 220円
(30人以上の団体)一般 480円、小中学生 170円

《常盤木門と小田原城歴史見聞館との3館共通券》
(個人)一般 700円、小中学生 250円
(30人以上の団体)一般 560円、小中学生 180円
 

本日もご訪問ありがとうございました(*^_^*)


nice!(112)  コメント(0)