So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年02月| 2017年03月 |- ブログトップ

続 超電導リニア試乗 [出来事]

3月28日(火)小田原のお天気は、午前中は晴れていましたが夕方から小雨が降って来て寒くなってきました[晴れ][小雨][小雨]

自分の会社も4月に向けて人事異動の内示がありましたが、今回は異動が無く小田原に残留になりました[わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]

また1年間自宅からの通勤で楽ができます[るんるん]

さて今回は、リニア試乗後、どきどきリニア館へ

 IMG_0018.jpg

1F中へL0系車両

 IMG_0078.jpg

 IMG_0079.jpg

リニアについての説明

 IMG_0064.jpg

 IMG_0067.jpg

 IMG_0068.jpg

 IMG_0069.jpg

 IMG_0070.jpg

2Fへ

 IMG_0071.jpg

 IMG_0072.jpg

3Fにはジオラマ

 IMG_0073.jpg

 IMG_0074.jpg

乗車後に見学したので、興味深くいろいろな説明を読んで楽しい日になりました[わーい(嬉しい顔)]

試乗乗車は3年前から始めたそうです。自分が知ったのは昨年の夏前に会社の同僚からで去年の夏と冬に抽選に応募しましたが落選[もうやだ~(悲しい顔)]

そして、今回3回目で当選しました[ぴかぴか(新しい)]

奥さんがこの日(3月24日)が誕生日でしたので、奥さんのお陰で当選したのかもしれません[るんるん]

ふわっと浮いた時の乗客の歓声と時速500キロの揺れを体験できて奥さんと2人大満足な試乗体験でした[わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]

本日もご訪問ありがとうございました(*^_^*)


nice!(71)  コメント(0) 

超電導リニア試乗 [出来事]

3月24日(金)小田原のお天気は、あさは曇り空でした[曇り][曇り]

本日会社をお休みして、山梨県の都留市にある山梨県立リニア見学センターに行ってきました[車(セダン)]

 IMG_0001.jpg

超電導リニア。それは超電導を利用した世界に誇る日本独自の先端技術。従来の鉄道のように車輪とレールとの摩擦を利用して走行するのではなく、車両に搭載した超電導磁石と地上に取り付けられたコイルとの間の磁力によって非接触で走行します。そのため、従来の鉄道とは異なり時速500kmという超高速走行が安定して可能となります。
1962年、全く新しい輸送システムである浮上式鉄道の研究がスタートし、1997年4月からは山梨リニア実験線において走行試験を開始しました。超電導リニアの技術レベルについては、各段階において評価されており、超電導リニアは既に営業運転に支障のないレベルに到達しています。(JR東海ホームページ)

先ずは10時から受け付けでしたが、9時頃と早く着いたのでわくわくやまなし館へ

 IMG_0002.jpg

 IMG_0003.jpg

ここを通って

 IMG_0004.jpg

到着

 IMG_0017.jpg

入り口の横に

 IMG_0020.jpg

それでは中へ

 IMG_0006.jpg

超電導リニアの模型

 IMG_0014.jpg

その他にはお土産コーナーがありました。

一通り見ていたら館内放送で試験運転開始の声が

 IMG_0007.jpg

 IMG_0015.jpg

L0系車両(L(エル)は、リニア(Linear)を表しています。0(ゼロ)は、新幹線と同様、営業線仕様の第1世代の車両を表しています。)

いよいよ体験乗車へ

 IMG_0019.jpg

その後、飛行機のように手荷物チェックに金属探知機を通過して会場の待合室へ

待合室には、リニアについての説明が

 IMG_0022.jpg

 IMG_0023.jpg

 IMG_0024.jpg

 IMG_0025.jpg

最高速度のギネスが

 IMG_0027.jpg

 IMG_0028.jpg

 IMG_0029.jpg

これが搭乗券 

 IMG_0030.jpg

次に乗車前の説明を聞いて

 IMG_0031.jpg

いざ乗車

 IMG_0033.jpg

 IMG_0034.jpg

座席は、両側2列

 IMG_0040.jpg

自分の席は

 IMG_0039.jpg

こんな感じの座席 

 IMG_0050.jpg

出発して車窓は

 IMG_0042.jpg

そして車輪がひっこみふわっと浮いた後、「おぉー」と言う声が・・・

そして、時速500キロに乗客が一斉に写真や動画を撮っていました[カメラ]

 IMG_0046.jpg

車窓は

 IMG_0047.jpg

トンネルと速さででぜんぜん見えません[ふらふら]

やがて速度を落として、今日の走った場所をモニターでお知らせ

 IMG_0051.jpg

 IMG_0052.jpg

速度を落とした車窓は

 IMG_0053.jpg

 IMG_0054.jpg

これで体験乗車が終了、そして降車後写真撮影[カメラ]

 IMG_0055.jpg

奥さんと2人最高に興奮した乗車後、どきどきリニア館見学、今回はここまで[exclamation×2]

本日もご訪問ありがとうございました(*^_^*)

 

 


nice!(106)  コメント(0) 

第22回小田原洋ラン展 [花]

3月20日(月)小田原のお天気は、朝から良いお天気です[晴れ][晴れ][晴れ]

さて今回は、3月5日(日)洋ラン展を小田原フラワーガーデンに撮りに行ってきました[カメラ]

 IMG_0651.jpg

朝早くから多くの人が観賞にきていました[exclamation×2]

 IMG_0652.jpg

ここからはたくさんのランの花を見て下さい[わーい(嬉しい顔)]

 IMG_0619.jpg

 IMG_0620.jpg

 IMG_0622.jpg

 IMG_0622.jpg

 IMG_0623.jpg

 IMG_0624.jpg

 IMG_0625.jpg

 IMG_0626.jpg

 IMG_0627.jpg

 IMG_0628.jpg

 IMG_0629.jpg

 IMG_0630.jpg

 IMG_0631.jpg

 IMG_0632.jpg

 IMG_0633.jpg

 IMG_0634.jpg

 IMG_0636.jpg

 IMG_0637.jpg

 IMG_0638.jpg

 IMG_0640.jpg

 IMG_0641.jpg

 IMG_0642.jpg

 IMG_0643.jpg

 IMG_0644.jpg

 IMG_0645.jpg

 IMG_0646.jpg

 IMG_0647.jpg

 IMG_0648.jpg

 IMG_0650.jpg

たくさんのランがありましたが、気になった花を撮ってみました[ぴかぴか(新しい)]

今日は、3連休の最終日ですがお墓参りに行き、昨日から娘2人が帰って来ています。

久しぶりに家族全員(息子と娘2人)揃い、賑やかな2日間です[わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]

本日もご訪問ありがとうございました(*^_^*)


nice!(100)  コメント(0) 

スベリー・マーキュリー [出来事]

3月15日(水)小田原のお天気は、曇り空で寒い1日でした[曇り][曇り]

今朝起きたら小田原から見る箱根山に雪が積もっていました。

吹きつける風が寒いのはそのせいでした[ふらふら]

今回は、3月5日(日)小田原の隣町の大井町の四季の里祭りがあり、奥さんが見たかった吉本の芸人で地元のスベリー・マーキュリーを見に行きました[るんるん]

1970年から90年代に一世を風靡したロックバンド「クイーン」のボーカル、フレディ・マーキュリーのモノまねで人気。衣装は自前、クイーンの映像を凝視してTシャツを破き、糊で白ズボンにラインを付け、リストバンドはサポーター。カラーテープを巻くが「これは改良の余地あり」。自慢の髭も毎日お手入れ。豪快パフォーマンスの裏には”A型気質”の地道さが見え隠れする。
 IMG_1168.jpg

お笑コンビの「えんにち」「天狗」の2組が出ていました。

 IMG_1169.jpg

出演前に写真をお願いしたら快く撮らせていただきました[わーい(嬉しい顔)]

 IMG_1148.jpg

「特命かながわ発信隊」メンバーである、よしもとクリエイティブ・エージェンシー(以下よしもと)所属のスベリー・マーキュリーが大井町笑顔特派員に就任し、現在活動中です。
 町とよしもとは「笑い」と「笑顔」から心の健康づくりを図ることで未病を改善する取組みを推進し、町の魅力を町内外へ発信することを目的に協定を結んでいます。
 今後、様々なイベントに参加し、皆様を笑顔にすることに努めるとともに、町の魅力や活動をPRしていきます。
 町で見かけたら「スベリー」と声をかけてください。

スベリー・マーキュリーのプロフィールについて
 南足柄市出身。小田原高校卒。高校2年でお笑いに興味を持った。文化祭でコメディ劇の主役を演じ「人に喜んでもらえる嬉しさを知った」。早稲田大学入学後は受験勉強中に元気をくれたアイドル、モーニング娘。にぞっこん。アルバイト代をつぎ込み九州ツアーで”追っかけ”、資金が底をつきハウステンボスで野宿した。大学2年で吉本興業の養成所に入り、大学、養成所、アルバイト、アイドルの追っかけと草鞋はゆうに4、5足だそうです。

本日もご訪問ありがとうございました(*^_^*)


nice!(104)  コメント(0) 

小田原城と梅 [出来事]

3月10日(金)小田原のお天気は、朝から青空でしたが、風は冷たい感じがしました[晴れ][晴れ][晴れ]

前回の続編で小田原城内の見学後、梅を見に行きました[るんるん](2月17日撮影)

 IMG_0509.jpg

 IMG_0510.jpg

常盤木門と梅

 IMG_0511.jpg

 IMG_0512.jpg

 IMG_0516.jpg

 IMG_0517.jpg

銅門

 IMG_0514.jpg

 IMG_0515.jpg

この日はお天気が良く、青空に梅の紅白の花とお城の白が映えていました[わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]

今夜は、会社の先輩の退職の送別会がありました。

自分の会社は、60歳の誕生日後年度終わりの3月31日まで勤務できます。

自分もだんだん近づく退職について考えさせられました[ふらふら][ふらふら]

本日もご訪問ありがとうございました(*^_^*)


nice!(99)  コメント(0) 

リニューアルした小田原城 [出来事]

3月5日(日)小田原のお天気は、朝から暖かい1日になりそうです[晴れ][晴れ][晴れ]

何十年ぶりに昨年5月にリニューアルした小田原城内の展示物を見に行きました。

小田原駅から近道で小田原城へ

 IMG_0475.jpg

この日は、きれいな青空がお城を引き立てます

 IMG_0477.jpg

小田原城は、15世紀中頃に大森氏が築いたお城を前身とし、北条早雲に始まる小田原北条氏の本拠となって以降、関東支配の拠点として整備されました。そして、豊臣秀吉との小田原合戦を前に周囲9㎞におよぶ総構を構築し、日本最大級の城郭となりました。北条氏滅亡後には、徳川家康の家臣大久保氏が城主となり、その後稲葉氏が城主になりました。明治維新を迎えると明治3年に小田原城は廃城となり、建物は解体・売却させました。大正12年の関東大震災を期に小田原市へと払い下げになりました。小田原市は、昭和35年に鉄筋コンクリート造で復興されました。三重四階の天守に付櫓・渡櫓を付した姿となっていますが、現在は内部五階で、最上階の高欄付きの回廊も復興に際して新たに付けられました。

 IMG_0478.jpg

階段を上がり城内へ

 IMG_0479.jpg

城内で写真撮影の許可がある展示物を撮影しました。

1F江戸時代の小田原

 IMG_0480.jpg

 IMG_0481.jpg

 IMG_0482.jpg

 IMG_0483.jpg

2F戦国時代の小田原城

 IMG_0484.jpg

途中の窓から外を撮影

 IMG_0485.jpg

また城内へ3F企画展示は、小田原ゆかりの美術工芸や甲冑・刀剣、小田原城周辺の発掘調査成果など紹介

 IMG_0486.jpg

 IMG_0487.jpg

 IMG_0488.jpg

 IMG_0489.jpg

 IMG_0490.jpg

 IMG_0491.jpg

 IMG_0492.jpg

4F企画展示明治時代から現代に至る小田原城の歴史(撮影なし)

5F江戸時代に天守にまつられた魔利支天像の安置空間を再現

 IMG_0506.jpg

 IMG_0493.jpg

 IMG_0494.jpg

 IMG_0505.jpg

 IMG_0495.jpg

 IMG_0496.jpg

最上階からの景色

 IMG_0499.jpg

小田原駅方面

 IMG_0502.jpg

 IMG_0503.jpg

城内の展示物も新しくなりいろいろ小田原の歴史も分かり、良かったです[わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]

【開館時間】

午前9時00分〜午後5時00分(入館は午後4時30分まで)

《天守閣単独券》
(個人)一般 500円、小中学生 200円
(30人以上の団体)一般 400円、小中学生 160円

《常盤木門との2館共通券》
(個人)一般 600円、小中学生 220円
(30人以上の団体)一般 480円、小中学生 170円

《常盤木門と小田原城歴史見聞館との3館共通券》
(個人)一般 700円、小中学生 250円
(30人以上の団体)一般 560円、小中学生 180円
 

本日もご訪問ありがとうございました(*^_^*)


nice!(112)  コメント(0) 

ひな人形その2 [出来事]

3月1日(水)小田原のお天気は、曇り空で夕方から小雨が降って来ました[曇り][小雨]

2月もあっという間に終わり、今日から3月に入りました。

前回の続き瀬戸屋敷のお雛様

渡り廊下の竹に

 IMG_0554.jpg

 IMG_0555.jpg

 IMG_0556.jpg

そして蔵の中に大きな吊るし雛

 IMG_0558.jpg

 IMG_0559.jpg

 IMG_0569.jpg

 IMG_0567.jpg

蔵の板塀にも

 IMG_0560.jpg

 IMG_0561.jpg

 IMG_0568.jpg

 IMG_0596.jpg

まだまだあります

 IMG_0563.jpg

 IMG_0566.jpg

 IMG_0562.jpg

変わった飾りも

 IMG_0564.jpg

七福神

 IMG_0565.jpg

りっぱな茅葺屋根の瀬戸屋敷

 IMG_0598.jpg

 IMG_0599.jpg

 IMG_0608.jpg

 IMG_0603.jpg

開成町のマスコットあじさいちゃん

 IMG_0609.jpg

 IMG_0610.jpg

こどもちに人気でした

 IMG_0612.jpg

 IMG_0613.jpg

 あしがり郷「瀬戸屋敷」がある町北端「金井島」地区は、農業地域として縦横に張り巡らされた水路を活用した水田と畑地が広がっています。
 その一画に遠くからも目立つ大きな屋敷林に囲まれた屋敷が、この地区の名主職を代々務めてきた瀬戸家です。
 築300年の歴史を誇るこの屋敷が、持ち主のご好意で町に寄贈され、その後復元等を経て平成17年5月に「あしがり郷瀬戸屋敷」として一般公開されるようになりました。
 今では少なくなった古民家見学に訪れる方も多いのですが、瀬戸屋敷はさまざまな用途にも活用できるように積極的に開放していることが、特色の一つになっています。
 ひなまつり、端午の節句、七夕、十五夜などの年中行事、瀬戸屋敷を学校の校舎に見立てた生涯学習講座「あしがり学校」、地域のサークル団体が子供たちに紙芝居、語りを披露する「蔵ひろば」を中心に、映画会、コンサート、展覧会の会場としても使用され、多くの人びとが集う場、文化の発信も担える場所として活用されています。

ひなまつりは、平成15年度に町婦人会の主催行事として開成あじさい祭の会場中心であるあじさい公園舞台棟で産声をあげ、瀬戸屋敷が開園した平成17年度より場所を瀬戸屋敷に移し、瀬戸屋敷年中行事のひとつとして実施されるようになりました。
  古民家の趣きと手作りのつるし雛の華やかさが来園者の心を捉え、年々来園者が増え、平成19年度には来場者が4万人に迫るまでになり、瀬戸屋敷を代表するイベントに成長を遂げました。
  平成20年度には、各種団体が加わった実行委員会組織が立ち上がり、地域の活性化を目的としたひなまつりとなり、現在に至っています。

瀬戸家は代々金井島村の名主職を務めてきた家柄で、江戸時代から瀬戸家に伝えられてきた雛人形や、ご当主の奥様のお姉様の雛人形等で、いつしか、そろえて飾る風習になったようで、何組もの雛人形が一緒に飾られます。

(以上ホームページから)

本日もご訪問ありがとうございました(*^_^*)

 


nice!(110)  コメント(0) 

2017年02月|2017年03月 |- ブログトップ