So-net無料ブログ作成

ひな人形その2 [出来事]

3月1日(水)小田原のお天気は、曇り空で夕方から小雨が降って来ました[曇り][小雨]

2月もあっという間に終わり、今日から3月に入りました。

前回の続き瀬戸屋敷のお雛様

渡り廊下の竹に

 IMG_0554.jpg

 IMG_0555.jpg

 IMG_0556.jpg

そして蔵の中に大きな吊るし雛

 IMG_0558.jpg

 IMG_0559.jpg

 IMG_0569.jpg

 IMG_0567.jpg

蔵の板塀にも

 IMG_0560.jpg

 IMG_0561.jpg

 IMG_0568.jpg

 IMG_0596.jpg

まだまだあります

 IMG_0563.jpg

 IMG_0566.jpg

 IMG_0562.jpg

変わった飾りも

 IMG_0564.jpg

七福神

 IMG_0565.jpg

りっぱな茅葺屋根の瀬戸屋敷

 IMG_0598.jpg

 IMG_0599.jpg

 IMG_0608.jpg

 IMG_0603.jpg

開成町のマスコットあじさいちゃん

 IMG_0609.jpg

 IMG_0610.jpg

こどもちに人気でした

 IMG_0612.jpg

 IMG_0613.jpg

 あしがり郷「瀬戸屋敷」がある町北端「金井島」地区は、農業地域として縦横に張り巡らされた水路を活用した水田と畑地が広がっています。
 その一画に遠くからも目立つ大きな屋敷林に囲まれた屋敷が、この地区の名主職を代々務めてきた瀬戸家です。
 築300年の歴史を誇るこの屋敷が、持ち主のご好意で町に寄贈され、その後復元等を経て平成17年5月に「あしがり郷瀬戸屋敷」として一般公開されるようになりました。
 今では少なくなった古民家見学に訪れる方も多いのですが、瀬戸屋敷はさまざまな用途にも活用できるように積極的に開放していることが、特色の一つになっています。
 ひなまつり、端午の節句、七夕、十五夜などの年中行事、瀬戸屋敷を学校の校舎に見立てた生涯学習講座「あしがり学校」、地域のサークル団体が子供たちに紙芝居、語りを披露する「蔵ひろば」を中心に、映画会、コンサート、展覧会の会場としても使用され、多くの人びとが集う場、文化の発信も担える場所として活用されています。

ひなまつりは、平成15年度に町婦人会の主催行事として開成あじさい祭の会場中心であるあじさい公園舞台棟で産声をあげ、瀬戸屋敷が開園した平成17年度より場所を瀬戸屋敷に移し、瀬戸屋敷年中行事のひとつとして実施されるようになりました。
  古民家の趣きと手作りのつるし雛の華やかさが来園者の心を捉え、年々来園者が増え、平成19年度には来場者が4万人に迫るまでになり、瀬戸屋敷を代表するイベントに成長を遂げました。
  平成20年度には、各種団体が加わった実行委員会組織が立ち上がり、地域の活性化を目的としたひなまつりとなり、現在に至っています。

瀬戸家は代々金井島村の名主職を務めてきた家柄で、江戸時代から瀬戸家に伝えられてきた雛人形や、ご当主の奥様のお姉様の雛人形等で、いつしか、そろえて飾る風習になったようで、何組もの雛人形が一緒に飾られます。

(以上ホームページから)

本日もご訪問ありがとうございました(*^_^*)

 


nice!(110)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 110

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。